年と共に理想の男性の条件が変わっていきました

 

 

小さい頃は父親のような男性と結婚したいと思っていました。

 

年を重ねると共に周りの環境や生活、考え方の変化により、結婚したい相手の理想もより具体的に変化していきました。

 

高校生の頃は、なんといっても中身より、見た目重視の男性が結婚の理想で、背が高くてスラッとした甘いマスクの格好いいイケメンと結婚したいと思っていました。友達みんなに彼を見せびらかして、自慢にしたかったのです。イケメンの彼を毎日見ているだけで幸せを感じ、彼以外は何もいらない、愛だけで十分幸せになれると思っていて、毎日そんな彼との甘い生活を妄想しながら、それだけで十分楽しむ事ができました。

 

 

 

やがて、社会人になると、今度は結婚には見た目プラスお金も必要だと感じるようになってきました。結婚というものがただの夢や理想だけではなく、段々現実として考えるようになってきたのです。相変わらず見た目が素敵な男性が理想の一番重視には変わりはありませんでしたが、そんな彼の職業は、できれば外資系やパイロットなど、職業まで格好良くしかも高収入の男性に魅力を持ち始めたのです。しかし周りにはそんな理想的な男性が現実としている訳もなく、出会うことさえありません。そのため気が付いたらもう20歳もとっくに過ぎ、いよいよ現実の結婚を考えるようになりました。今まで出会いもなく、お付き合いをした男性を通じて、自分をよく知り、自分の性格や顔を考えると、結婚相手に求める理想を下げざるを得ませんでした。もう、顔や見た目は中の少し上で十分、収入も少し生活に余裕があって、お金に苦労しなければ、どんな職業でもいいやと思いました。そして、見た目より、中身を重視し、優しくて、真面目な男性が理想になっていきました。
 
 

 

やがて、そんな理想通りの彼と結婚することができました。昔の理想から比べるとかなりギャップが大きいですが、それでも見た目、収入、性格の全てが普通の彼と結婚できたことに幸せを感じています。

漫画やドラマに出てくるような結婚相手の理想像

 

 

若い時の理想の結婚相手には、イケメンでお金持ちで、性格もやさしくて、それでいて妻をしっかり愛してくれる男性を思い描いていました。結婚生活においても、有閑マダムのような生活を理想としていました。華道や茶道、ピアノなど好きな習い事をしたり、海外旅行にいっては新作のコスメやファッションを買ってくるといった優雅な生活です。周囲の友人からは、イケメンでお金持ちで最高の御主人だと羨まれるという設定まで思い描いていました。まるで漫画やドラマに出てくるようなすべてに非の打ちどころがない、出来過ぎた男性をイメージしていたのです。

 

しかし、現実はそんなに甘くはありませんでした。それに気づいたのは、20代後半です。社会人になれば、交友関係が広がるので、理想の男性に出会う機会があると思っていたのですが、実際は全然でした。考えてみれば、お金持ちの男性に出会う機会なんてそうそうあるわけがないですし、会ったとしてもこちらを気に入ってくれるというわけでもありません。ただ1度、お見合いで、年収がそこそこある男性にお会いしましたが、残念ながら、イケメンでない45歳のおじさんでした。

 

また、イケメンだったとしてもすべて完璧な人おらず、どこか欠点を抱えていることがほとんどでした。これまでにあったイケメンで多かったのは、女にだらしない人です。やはりモテるだけあって、複数の女性と付き合っていたり、すぐにナンパしたりする人がほとんどでした。それを見た時に、お金持ちでイケメンで優しくてと、全てにおいて満点になる男性なんていないと気づきました。
ただこういった人たちは、マッチドットコムという婚活サービスで出会ったのでそういった事も多少影響しているかもしれませんね。

 

ただ婚活サービスの今の利用者のクオリティは上がってきており、現在ではマッチドットコムのようなサイトは 珍しくありません。

 

また婚活のイベントもいまでは定期的に開催されているようです。
涙婚やドッキリ婚など様々な婚活が増えてきています。

 

話を戻して

 

 

 

そのため現実では、イケメンでもなく、お金持ちの男性でもない人と結婚するに至りました。ただ、やさしい、妻を愛してくれるといった点では理想に当てはまるのではないかと思います。その点は満点の主人です。今思えば、現実的にイケメンでお金持ちの家に嫁いだら、それはそれで大変だったのではないかと思うのです。何かと格式があるお家柄で、行動も制限されていたのかもしれません。そう考えると、若い時に思い描いていた理想の結婚相手とは全然違うタイプの人と結婚してよかった気がします。